借金返済して完済人になるのTOPに戻る

自転車操業からの脱出

「ふぅ〜、何とか今月も借金の支払が終わったんで、取立ての電話が来なくてすむな・・・」

決まって月末になるとそのように言ってしまう。それで、支払が済んで、ホッと一息つくのもつかの間。

「手元に残ったお金で何とかやり繰りして今月の乗り切ろう、でも、これだけでは生活していけない・・・・・・・」

「あ、そうだ!!あそこのキャッシングに融資枠が残っているはずだから、また、借りればなんとかなる!!!」

「今月返済したから、また、1万円ぐらい借りれるな。」

それって、完全に自分の融資枠(キャッシング枠)を預金(キャッシュカード)と勘違いしています。その当てにしているお金は、収入ではなく単なる借金です。

これをまさしく自転車操業と言うんです。


自転車操業になってくると、毎月の返済のために、キャッシングの空いた枠で借りて返すようになります。

こうして、ますます借金はふくらんでいくんです。悪のスパイラルです。

自転車操業、借金の悪のスパイラルから脱するにはどうしたら良いでしょうか?

それは「返すために借りるな!日銭をかせげ」ということです。


即、現金になることをします。そしてそのお金を返済に充てるのです。

たとえば、ヤフーオークションをつかうこと。

少々手間はかかりますが、まったくリスクはありません。家にも即、現金化できるものが、まだまだたくさん残っているはずです。押し入れの中のものでも出品してみるべきです。

こうやって、不足なお金を借金で補うという発想から、現金を稼ぐという発想に切り替えるのです。

関連コンテンツ

家計簿をつける

借金で悩むということは、単純に入るお金と出るお金のバランスがとれていないということ。 入るお金を増やす努力も必要だが、同時にでるお金を減らすこと。節約することです。 節約の達人が教える「プ・・・

お金の習性と原理原則

神田昌典さんは「非常識な成功法則」で以下のように語られています。 「世の中に役立つことをやっていれば、お金はあとからついてくる」 「ワクワクすることをやっていれば、成功する・・・