風水スポット

9月のはじめに太宰府政庁跡に行ってきました。

ただの原っぱと石碑と礎石があるくらいなので、近所の小学校の遠足コースだったり、太宰府天満宮にお参りに行くことはあっても、なかなか政庁跡に行く人は少ないと思います。

太宰府政庁跡に行ったのは、風水師御堂龍児先生の著書
心を癒す風水パワースポット45

のなかで紹介されていたからです。

改めて行ってみますとみごとな四神相応になっていました。
奈良に平城京がつくられる50年くらい前に定められた場所ですから、日本で最初に風水によって定められた都とも言えます。

ちょうど太極にあたる石碑のところが、大地の気があつまる「穴(けつ)」になっています。

その場所に立つと涼しい風が吹いてきました。

お弁当を広げながら、いつまでもそこにいたいという感じでしたよ。

気の良い場所に行って、時には心の充電をすることも大切ですね。


御堂龍児先生は、自分の足で日本中の山を回られています。高速道路を走行中でも、山のカタチ、地勢など見ながら気になる場所があると、すぐに高速道路から降りて実際に行ってみられるというのですね。

ちなみに私が行った太宰府政庁跡は「若返る気」「心の力を充電するのにとびきりの良い場所」と解説されていました。

パワースポットに行く一番簡単な方法、それは温泉地です。

温泉はまさに大地のエネルギーがあふれ出ている場所。ただの銭湯と天然温泉では、まったく違うでしょう?(笑)

芯から温まる、疲れが取れる、それが大地のパワーです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

氣の良いところ、悪いところ
風水で見るのは土地と家です。生気のあふれた良い土地、そしてその生気を取り入れるこ......

▲このページのトップへ

<PR> 生年月日で相性占い  生年月日占いを無料で  血液型無料占い  風水で金運アップ  風水入門セミナー 
風水占いで人間力アップ  姓名判断虎の巻  部屋模様替えの風水 
気学風水 
無料の姓名判断 ラッキーナンバー風水